人工透析は逃れられる!追悼・安保徹先生

本日、突然安保徹先生の訃報をオフィシャルブログにて知りました。

詳細はまだ発表されておりません。お通夜告別式は10~11日に行われるとのことです。
お体がお悪いというような報道も聞きませんでしたし、全くの突然の報道にただただ驚くばかりです。安保先生の穏やかでユニークな語り口が大好きでした。ただただ残念というばかりです。。

安保先生、心よりご冥福をお祈りします。

私事になりますが、家族に腎臓を悪くしている者がおります。安保徹先生の2013年6月9日(星陵会館)での講演は大変勇気づけられました。追悼のためにもここに冒頭の8分程の書き起こしを記載します。

今から15年位前、透析に入っている人の人数を見たら10万人でした。丁度その頃一年に一万人位患者が増えてるというので15年経ちましたから25万人になったのかなと思い最近の統計を見てみたら40万人になっていました。

医学が発達していたら一万人を5千人にしたり4千人に出来る筈なのにもうむしろ一年に二万人規模で新しい透析患者が入っている。こうやって透析に入る人の数を止めれないのを考えてみるとまずいちばん大事なのはなんで急性腎不全や慢性腎炎になっているか、根本的な原因を専門家が理解してないからなんです。

もう圧倒的に過酷な生き方で血流障害が起こって血流が悪いと尿を作れないからなんです。
腎臓は大量の血流から原尿を作り、電解質や水分を再吸収し尿を作っているのですが出だしの血流がないと腎臓は十分働けません。その血流を悪くするのが生き方の過酷さなんです。


何人か透析に入った人の前の状況を聞いてみると皆殆ど徹夜みたいな生き方が何日か続いているとか、悩み事が続いて顔色が悪いとか、独特の血流障害が来て腎臓をやられている。病院にいくと浮腫が来ているし蛋白尿が出てるし血液検査で腎機能低下のデータが出る。そこで利尿剤と血圧を下げる治療が始まる。
ところがこれが決定的に血流を悪くする治療になっている。
利尿剤は尿の再吸収を低下させ尿を増やすので身体の水分量と関係無く尿を出すので喉が乾いてすごく苦しむ。血液を更に濃縮していくので更に血流を低下させていく。


普通の臓器は血液が回ってこなくても耐えるしか無いが、わたしたちの腎臓は血流を呼び込む独特の自前の装置を持っている。
一つは骨髄に働き造血を促す因子の再生。骨髄に働き造血を促す因子。わたしたち血流をふやしたりする調節は腎臓でやってるんです。
あともう一つ、血圧を上げる装置を腎臓は自前で持っている。ですから腎性高血圧といって腎臓が悪くなると血圧を上げだす。血圧計で測れない程血圧が上がる。200ちょっとなら腕を締めつければ測れるけれど250、300となると血圧は測れない。


血圧が上昇することを現代医学はまるで身体の失敗のように捉えて降圧剤で血圧を下げにかかる。ところが腎性高血圧は血圧を上げて腎臓に血流を呼び込む為の反応です。

だから意外と急性腎不全で生き返る人、透析やってもやめれる人は血圧が高い人、薬に抵抗が高い人が助かっているんです。こうやって腎臓の専門家に行くと利用剤と降圧剤で徹底的に血流を止められ透析に入ってしまう。

いちばん大事なのは透析に入るような一月位考えて下さいといった時に薬を半分に減らし、身体を暖め、程々の水分を採って血流を増やせば一週間で完全に透析から逃れるんです。


更にこの頃私の体験で驚いたのが、透析に入った人でも身体を暖め、程々の水分を摂りだすと自前のおしっこが出てくるんです。透析に入るとすごく水分を制限するから自分の腎臓は使わないという状況を更に限定されてしまっている。

ですから普通の専門家でない先生の診療を受けると腎臓は悪くても透析に入るまではならないです。殆ど透析に入っている人たちは腎臓の専門家にかかっている人たちです。

(講演の動画全体はこちらで視聴出来ます


安保先生の話は非常に納得がいきました。確かに腎臓を悪くした家族というのも大変な苦労をしたのを知っています。その原因が血流とは・・。安保先生は常々身体を温める重要性を仰っていました。確かに緊張すると身体が冷えるし、ストレスを感じている時に身体がポカポカするというのは聞いたことがありません。

腎臓の専門家にかからない人が透析を受けずに済むようになる、とはなんとも皮肉な話ですが・・・。

しかし逆に言えば身体を温めればストレスに対抗出来、腎臓も元気に出来るということですね!

腎臓は身体を温めれば治る!

素晴らしいです。友人がこの間言っていたのですが、デスクワークでも30分毎に立ち上がると非常に身体に良いとのことです。集中していると2~3時間平気で座りっぱなしになってしまうのでハッさせられました。

安保先生、今までありがとうございました。
先生の講演にどれだけ励まされたかわかりません。どうか安らかにお眠り下さい。
微力ながら、安保先生の教えてくださったことはわたしも出来る限り伝えて行きたい、そう思っています。

miyuki

癒し研究ブログフェイスブックページを始めました。
更新等こちらにて貼っていきますので、宜しければお越しください。

ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. シヅパパ より:

    安保徹さんの性格は動画で観ていても素晴らしい雰囲気を持っております。
    高校生まで津軽で育った先生が亡くなる前の動画配信を観ても津軽なまりがが素敵でした。

    お話の内容は殆どの方々が納得していたとおもいます。
    できれば、直接先生の講演会を聞きたかった

    ご冥福をお祈り申し上げます。

    • Riffle より:

      シヅパパさま
      コメントをありがとうございます。
      わたしも安保先生は動画で見ていても素晴らしい雰囲気をお持ちだと思います。
      津軽なまりもずっと素敵だと思っておりました。
      わたしも直接講演会を聞きたいとおもっておりましたが残念でなりません。
      安保先生への気持ちを共有出来る方がおられてありがたい気持ちでいっぱいです。

      心よりご冥福をお祈り申し上げます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です